反骨と異端

アウトローは文化だ

関西医科大は朝鮮学校差別など一切していない

在日の人が、関西医科大は差別的だと言ってるようなので、騙される人が出ないようにコメントしておく。(李信恵氏は関西医科大が朝鮮人差別をしたとツイートしているのだが、もしも過去に関西医科大が、朝鮮人合格者を出していたなら、たんなる中傷になりますよね。)

f:id:ubiquitous2011:20200726151859j:plain

①芸術系大学の入学要項と、医学大学の入学要項が同じである必要はない。

②関西医科大側には違法性がない。各種学校の受験生に対しては個別に審査するとあるので、最終的に受験を許可するかどうかは、各大学にゆだねられる。特に違法行為がないのであれば、あとは関西医科大の自由です。

関西医科大学医学部の2次試験は「面接」のみ。仮に受験できたとしても面接を理由にすれば操作は可能であり、それに比べれば、受験前に「無理です」と言った関西医大は立派である。

李信恵氏は「関西医科大の件は、差別する理由を探して門前払いした、明らかな差別。」と書いているが、「差別する理由を探して」という文章は李信恵氏の私見であり、入学願書の「出身校」の欄に書いてある。文科省のお達しに従って、今回は各種学校出身者はお断りにしたという話である。インターやフリースクールの子だって受験不可になったかもしれない。

③入試とは基本的に落とす理由を探すためのものであり、各私立大学がどういう基準で落とそうとも各大学の自由であるとも言える。医大の運営において寄付は大きく、寄付元の意見も聞かなければいけない。

米国のアイビーリーグと呼ばれる名門大学は、入試にあたって民族差別があり、ユダヤ系やアジア系(特に中国人)は入試成績がよくても、一定数以上は入学できない。ユダヤ系とアジア系だらけなると、白人富裕層の寄付が止まるため。

朝鮮人大学も、入試にあたって「朝鮮民族」しか入学できない。←絶対に許せない差別。

④そもそも在韓日本人が朝鮮半島で医師をやっているという話を聞いたことがない。制度として、在韓日本人が医師になれないのであれば、日本の医大も韓国人/朝鮮人に門戸を開く必要はないともいえる。