反骨と異端

アウトローは文化だ

ライダイハンとは韓国軍によるベトナム人大虐殺とレイプ殺人である

韓国がベトナム戦争に参戦したのは、朴 正煕政権時代のことだ。内戦に介入していた米国が北爆を開始し、ベトナム戦争が本格化。1964年から支援部隊を送っていた韓国も本格的な派兵を決める。南ベトナム政府からの要請という名目で1965年に集団的自衛権を行使し、朴大統領は延べ32万人もの兵士を投入したのである。「生き残った方々の証言から、村人が1か所に集められては手榴弾を投げつけられた。生まれたばかりの乳幼児が40人以上も殺された、などという凄惨な話が次々と出てきました。機関銃で殺したり、洞窟に逃げ込んだ村民を催涙ガスであぶりだして銃殺したケースもあった。なぜ虐待が起きたのか、といえば、韓国軍が基地を作るためでした。

 

f:id:ubiquitous2011:20200727124929j:plain


「民間人虐殺を行ったのは主に猛虎隊でした。その手法の多くは村民を1か所に集めて、手榴弾や機関銃で殺すというものですが、時には刀で惨殺するケースもありました。ゴザイ集落では300人の住人が1か所に集められ、1時間あまりで1人残らず殺されました。

f:id:ubiquitous2011:20200615121757j:plain

また韓国軍によってベトナム人女性がレイプ、輪姦されたという話も多く聞かれました。でも、彼女たちの多くは殺されてしまう。だからレイプ被害者の直接証言は極めて少ない。ビンディンには虐殺の様子を描いた壁画があります。虐殺やレイプの様子が描かれていて、韓国軍の蛮行がリアルに蘇ってくる。ベトナム人の韓国軍に対する怨念が立ち上がってくるような壁画です」

私は話を聞きながら、日本の歴史問題が問われるときに韓国で遣われる「人道主義に反する行為」という表現を思い出していた。

戦時、村に残されたのは女性や子供、老人ばかりだった。韓国軍はそうした村に乗り込んで、虐殺を繰り返したという。

*

彼には娘さんが3人いて、いちばん下の子は産まれたばかりだったそうです。その子が韓国軍の手榴弾で殺された。小さな身体はバラバラになり、腕は木の枝に引っ掛かっていたそうです。男性は泣きながら遺体を集めたのです…。

*

この事実を韓国のメディアで公表しよう─ ─。1999年5月、週刊誌『ハンギョレ21』において、彼女は調査結果を発表した。ベトナム戦争における韓国軍の犯罪を白日のもとに晒したのだ。

*

彼女の告発記事をきっかけにして翌2000年4月の『ハンギョレ21』に、虐殺を行ったという元韓国軍人の証言が掲載された。さらに同時期、米誌『ニューズウィーク』がベトナム戦争での韓国軍の虐殺問題を取り上げ、ク・スジョン氏の調査も同誌に紹介された。反応は激烈だった。2000年6月、ハンギョレ新聞社に韓国退役軍人ら2400人が集結。記事に対する抗議集会を開いたのだ。迷彩服に身を包んだ元軍人らが鉄パイプを振り回して社屋に乱入。パソコンや輪転機を次々に破壊し、書類や車に火を放ち、新聞社を機能停止に追い込んだ。危惧された通りの強烈な反発によって彼女の「歴史を直視してほしい」という願いは裏切られ、皮肉にもその後「韓国軍によるベトナム虐殺問題」は韓国社会ではタブーとなってしまった。

引用:赤石晋一郎『 韓国人、韓国を叱る~日韓歴史問題の新証言者たち~』(小学館新書)