反骨と異端

アウトローは文化だ

在日は批判を封じるために非差別者を演じる

その通り。在日コリアンは、自分たちへの批判にまともに向き合うということはなく、日本人側の主張が正鵠を射ていれば必ず「日本で在日コリアンで生きるのは大変な差別がある。」だの言って「無い差別」の被害者を演じます。わが国には人種差別は存在しません。在日が被差別者を演じるのは、そうすれば日本人が黙ると計算しているからです。在日コリアンがいつまでも植民地支配のことを言ってくるのであれば「ライダイハン」とか「米国慰安婦問題」を突きつけて、半島に戻れば死ぬしかない人たちなのだなと思いっきり憐れんであげましょう。

 【追記】韓国は「被害者文化」というか、被害者の方が偉いというような文化が確かにあるようです。日本とは無関係で、韓国の国会議員同士で「被害者は俺だ」バトルをやっていたことがあります。被害者の方がマウントを取れるという日本人には理解できない、いや韓国人以外には誰にも理解できない文化です。