反骨と異端

アウトローは文化だ

在日は在日が日本にいる理由を知らない

在日は「在日が日本にいるのは全部日本人のせいだ」と、自己正当化するが、これは捏造された嘘の歴史、真っ赤な嘘である。いわゆる朝鮮籍問題とは、韓国政府が日本にいる同胞(在日1~2世)の帰還と受け入れを「拒否」したからである。つまり、在日が日本にいるのは、韓国政府の責任である。

しかしこういう歴史的事実は、在日たちにとって不都合なので「無かったこと」にされている。帰ろうと思えばいくらでも帰国するチャンスはあるのに、在日が日本にしがみついているのは、先進国の日本の暮らしを自分で選んでいるからであり、日本は彼らにとって「恩人」である。

在日は決して「日韓断交」「特別永住制度を廃止」してくれとは言わない。それが特権的な制度だから、散々利用しつくしてやろうと考えている。反日コリアンに限って、子だくさんである。断交されたら、日本に切られたら、自分たちが一番損をするのがしゃくだから、日本の悪口ばかり言っているが、本音は「韓国より日本の方がずっといい」。