反骨と異端

アウトローは文化だ

「差別だ」と言われたら、つねに相手が正しい by李信恵

f:id:ubiquitous2011:20200817152707j:plain

差別屋さんが何かを販売しておられます。突っ込みどころ満載だが、整理してみよう。

①差別じゃないのに「それは差別だ」と言われたら反論くらいするでしょ(相手に反論させない態度/反論は受け付けない態度は問題がある)。

李信恵さん、「ネトウヨという言葉は差別語です。私はあなたにそう言われて傷つきました。謝ってください」って誰かに言われたら、謝るの?自分だって差別語使いまくってるじゃん。

②「被害者」って誰?まさかご自身もその1人に入ってるとか?「日本人は差別的だ」と50年以上在日コリアンに責められ続けて、悪趣味かつ醜悪な銅像や石碑を一等地に建てまくられて、湯水のような血税を外国人である彼らのために投入させられた日本人こそが被害者だと思う。

③「被害を矮小化、無力化する。」←加害事実を大げさに言い立てるとか、話を盛るとか、捏造するとか、朝鮮人お家芸だと思ってるけど。あと李信恵を見ていて思うのは「日本だけが悪い」という彼女の態度は、言うなれば韓国の戦争責任/韓国の戦争加害者としての史実を「矮小化」し、無かったことにしている。それから北朝鮮の悪は、日本国内の差別などとは比較にならない、巨悪であると思う。

④「韓国/北朝鮮にだって原因がある」←これはその通りだよね。「悪」を拒絶し、「悪」を差別して何が悪い?在日は「朝鮮人学校無償化しないのは、日本人が差別的だからだ」というネガティブキャンペーンをやっているけど、何言ってるんだっての。

見てごらんなさい、某親日韓国人youtuberを差別する日本人なんてほとんどいませんよ。反日侮日コリアンで、かつ「朝鮮学校無償化」を主張し、北朝鮮への資金供与を日本で推し進めようとする人達は、「悪」を差別する日本人によって差別され、叩かれているでしょう。人種差別じゃないんです、「悪」差別だと気づいたら?

 渡邉葉 (@YoWatShiinaEsq)が書いていることは「言葉狩り」、ある単一のイデオロギーに同調しない人たちの表現の自由言論の自由を制限するという考えですよね。

「誹謗中傷」と「反論」の違いはどこで線引きするのでしょう?

真向からくる反論、真摯な反論を読めば、傷つくのは不可避じゃありませんか?

「こういう表現によって他者を傷つけた」と言えば、反対意見を殲滅できると考えていませんか?

 日本の左翼や李信恵やその他の在日がやってるように、「ネトウヨ」とか「ヘイト」と一方的に認定してしまえば、その反論をした人を処罰できるという、言論弾圧を彷彿とさせますね。