反骨と異端

アウトローは文化だ

小池百合子都知事の代で追悼文を送る風習は廃止になりました

 在日左翼って「それは差別です」っていえば、日本人はなんでも言うことを聞いてくれると思っている(そう思わせてしまった日本人の責任もある)。

小池百合子都知事の代で、朝鮮人犠牲者追悼式典に都知事が追悼文を送る風習なんて廃止してほしい。追悼文とか哀悼の意は、心から悲しみに寄り添うから意味があるんであって、在日左翼たちみたいに追悼文を強要するのは、明らかに間違っているね。

在日左翼はなぜあれほど「都知事からの追悼文」にこだわるんだろうね。「都知事からの追悼文が送られてくる既得権」があるんじゃないか(在日特権の一部になっているとか)。石原時代は課長決裁だったから自動的に送っていただけに過ぎないのに。