反骨と異端

アウトローは文化だ

元韓国陸軍大佐の反日への最後通告"(池 萬元, 崔 鶴山, 山田 智子, B・J 著)⑥

民衆は貧困の中で苦しんでいるが、役人たちは民衆から搾取した富で放蕩の限りを尽くしている。朝鮮の民衆は貧しく、無知で、怠惰で、迷信を信じているが、このような属性は、節操がなく、貪欲な政府が生みだした不幸な結果だ。朝鮮の政府は数百年の間、民衆の間に世の中をより良くしようという衝動が起こるのを助けるどころか、抑圧してきた。なぜならば、朝鮮の両班支配層が封建的な秩序の中で、自分たちが受け継いだ奴婢を思いのままに使役したり売買できる奴隷制度を維持しようとしたからだ。日本にはあって朝鮮にないのは、忠誠心と愛国心と自己犠牲という高い理想を持つ学者と文化的集団だ。 『Korea eine Sommerreise nach dem Lande der Morgenruhe, 1894』1895(参照)

朝鮮の民衆は貧しく、無知で、怠惰で、迷信を信じている」←今と同じ。

節操がなく、貪欲な政府」←今と同じ。

日本にはあって朝鮮にないのは、忠誠心と愛国心と自己犠牲という高い理想を持つ学者と文化的集団だ」←今と同じ。