反骨と異端

アウトローは文化だ

敵性国家の言語

 公立校で、判断力が弱い学童に、敵性国家の言語を教える教諭がいるとすればやはり問題でしょう。当該教諭/学校の判断による、政治的プロパガンダを児童に向けて行ってはいけません。指導要綱から逸脱しているし、政教分離原則に反します。