反骨と異端

アウトローは文化だ

フジ住宅と同じ轍を踏まないための企業の採用リスクの管理とは

 派遣社員ならすぐにチェンジできるけど、直接雇用してしまうと非正規でもチェンジできないのが痛いフジ住宅。といってもそういうトラブルに見舞われたフジ住宅が悪いという話ではなく、ネットに轟轟と響きわたる「ヘイト企業」という誹謗中傷を見て、韓国人は被害者を演じる加害者であり、DHCと同様、企業のリスク管理について思うことあれこれ。

在日コリアンはいつも「日本社会は排外的で日本企業は朝鮮人差別をする」と主張するが嘘である。在韓邦人に比較すれば、在日コリアンは差別がない。在日コリアンが嫌われるのは理由がある。

なぜ朝鮮人種を採用しないほうがいいのかというと、まず訴訟リスクを回避したいからである。韓国人の1人あたり訴訟提起件数は世界1位であり、訴訟中に嘘をついて問題になった件数も世界1位である。日本企業が韓国人/朝鮮人の採用を控えるのは当然といえば当然なのだが、困るのはなりすまして入社してくる場合。

フジ住宅訴訟についても、お気の毒としか言えないのだが、フジ住宅の苦労を見て他の日本企業は、本心では「わが社も在日韓国/朝鮮人の採用を増やそう」と思うのか減らそうと思うのか謎である。

トラブル化しても、日本人なら「お世話になった会社にそんなことはできない」と訴訟を思いとどまるが、在日韓国人の場合は(金になりそうなら)提訴するのである。在日コリアンは「恩」を理解できない。