反骨と異端

アウトローは文化だ

しかし、男は残念なことに朝鮮人であった。

『元韓国陸軍大佐の反日への最後通告』(池 萬元, 崔 鶴山, 山田 智子, B・J 著)より引用:

このことについて筆者は、巷でよくある離婚訴訟を連想してしまう。例えばこのようなケースだ。名もなく金もない男が、ひょんなことから大金持ちの家の娘に気に入られ、結婚することになった。しかし一緒に生活するうち、二人は価値観や格の違いが原因で結局は離婚してしまった。

離婚した後、男は女を訴えた。一緒に生活してきたのだから、財産を山分けしてほしいという理由でだ。この事例で、もしも男が分別をわきまえた文明人だったら、そもそもこんな訴訟を起こしていただろうか?

「わかりました、離婚しましょう。取り柄のないこんな私を一度でも好きになってくれてありがとう。あなたは僕にとってあまりにも出来すぎた女性だった。短い間だったけれど一緒に暮らすことができて本当に幸せだったし、感謝している。私でなければあなたはもっと幸せだったはずなのに、本当に申し訳なく思っている。あなたのおかげで私は上流社会に接することができ、感化され、道も開けた。今までありがとう」

文明人であれば、このような受け止め方が常識であろう。しかし、男は残念なことに朝鮮人であった。

「よう、俺はわけもわからずあんたについてきた。俺の青春を返せ。俺は今までお前の陰で劣等感の固まりのようにひっそりと生きてきたんだ。納得がいかない。お前、一千億持ってるんだろう? だったら五百億俺に分けろ。いいか、お前は俺にとって永遠の敵なんだ」

女性の立場からすると、関わってはいけない人に引っかかってしまったと悔やんでも悔やみきれないに違いない。筆者はまさにこの架空のストーリーが、今日の日韓の葛藤をわかりやすく説明しているように思う。

日本に慰安婦だ、反差別だと因縁をつけている反日朝鮮人は「関わってはいけない人」なのだと覚えておきたいですね。

元韓国陸軍大佐の反日への最後通告

元韓国陸軍大佐の反日への最後通告