反骨と異端

アウトローは文化だ

元韓国陸軍大佐の反日への最後通告(池 萬元, 崔 鶴山, 山田 智子, B・J

これらの事例から韓国人の抱える問題点が見える。韓国人が日本人の悪口を言って排斥しようとするのは、韓国人がいい加減で誠実でないからだ。日本人は「ご指導いただけませんか」、「ありがとうございます」、「申し訳ございません」という言葉を口癖のように言うが、韓国人は自尊心を前面に押し出して他人の考えや新しいものに背を向けるという習性がある。この閉鎖的な性質が影響して、国際的なビジネスの場で相手よりも自分を上に見せようと知ったかぶりをしがちだが、それが災いして国際社会で評判を下げている。 

韓国人は確かに知的に誠実ではない。なりすましが日本人のふりをして、日本語であたかも自国を批判しているように日本人ヘイトを書き連ねている。殺気をみなぎらせて日本を批判し続け、それをまともに読み続けた日本人は元気を失ってしまった。

日本人は、なりすまし在日のように、異民族に攻撃性をぶつけて自慰行為にふけるという卑しい習慣がない。誹謗中傷しか能がない三流民族は1人残らず半島へ帰そう。

元韓国陸軍大佐の反日への最後通告

元韓国陸軍大佐の反日への最後通告

  • 作者:池 萬元
  • 発売日: 2020/04/13
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)