反骨と異端

アウトローは文化だ

「陰謀論」を笑うのは平和ボケの証拠

昨年度、尖閣諸島へのスクランブルの回数が異常だったという記事をどこかで見かけた。
こういう事態になっても「中国/ロシアが侵略してくるとかいう陰謀論を信じているなんて」と上から目線の人がいる。
なぜ日本人は、自分たちは絶対に侵略されないと信じ切っているのだろうか?
ロシアに侵略されるはずがないと国民が信じ切っていたウクライナジョージアはあっさり侵略されたし、チベットとウィグルも中国に侵略されて強制収容所まで建てられた。
強制収容所でウィグル人がどういう扱いを受けているか、報道を読まないのだろうか?
台湾有事の次は、侵略されるのは日本に決まっていると思うが…。
思えば、北方領土はロシアに侵略されてるし、竹島は韓国、尖閣は中国の船がうろうろしているし…で、いくら日本人が「侵略戦争はしないと憲法で決めました」と言っても、領土拡大を狙っている「ならず者国家」に四方を囲まれている。
中国/ロシアが常任理事国をやってるから、国連は機能不全だし、日米安保は無いよりはマシだが、米国には日本の敵を迎撃する義務はない。
さらにまずいのは、日本人は共産主義に警戒心がない。