反骨と異端

アウトローは文化だ

東大阪の民族学級は公立校へ通う児童への深刻な人権侵害!

日本人保護者が過去に何度も学校側に問い合わせても、在日教師が誠実に対応した実績ゼロ(今回、ほとぼりが冷めたら、人権侵害を再開するだろう)。こんな学校、訴えなきゃだめ。

嫌がる児童の名前を朝鮮風に呼ぶだけではなく、ハングルを強制したり、嘘の歴史を小学生に洗脳しているらしい。過去に、日本人保護者が学校に抗議しても、学校側は対応せず。ひどい人権侵害!

東大阪の布施小学校の在日教諭の思考回路…日本人が朝鮮人にすることは人権侵害、自分たちが日本人児童にすることは、ルーツ教育! 

民族学級の範疇を超えて、ものすごい予算を投じて、朝鮮人化計画を推し進めている模様。 

日本の教育基本法の精神とかどうでもいいんだろうね。

学区内に朝鮮学校があるんだから、そっちに進学すればいいだけ。それより、他府県から転入してきた児童と親が心配…。東大阪の教育界が在日コリアンに占領されており、教育基本法を無視した朝鮮人化計画を進め、だから大阪は子供の学力がすごく低いって知ったらびっくりするだろうね。