反骨と異端

アウトローは文化だ

東大阪布施小学校で行われている日本人差別・虐待が明らかに!

児童の名前を本名以外の朝鮮人名で呼ぶのは、明確な人権侵害、人権蹂躙である。なんでも公立小学校なのに、非常にイデオロギーに偏向した教育を行っているので有名らしい。日本人保護者の問い合わせも無視して、このような人権侵害を続ける在日教諭がやっているのは「日本人差別・虐待」である。この点について東大阪市教育委員会はすぐに是正措置をとり、責任を追及するべきである。教員採用試験には、民族条項が必要な時代であると痛感する。大阪は児童の学力が全国的に見ても著しく低い。