反骨と異端

アウトローは文化だ

東大阪布施小学校と民族学級と日本人差別

東大阪民族学級は、大和民族の子孫の心を深く傷つけ、その子らが大人になっても痛みを忘れていない。

f:id:ubiquitous2011:20210724130450p:plain

f:id:ubiquitous2011:20210724130526p:plain
民族学級の諸問題から導き出せる結論とは、日本国内であっても在日韓国朝鮮人が多い環境や在日が権限を握っている状況では、少数派となった日本人が差別やヘイトを受けるという事実である。これを否定して「日本国内で日本人差別なんかない」とうそぶく反差別関係者は知的に誠実ではなく、日本人の人権を悪意によって軽視する人達である。反差別法律を制定するのならその点も考慮に入れ、民族学級のような人権軽視に対して厳しく罰する内容でなくてはならない。