反骨と異端

アウトローは文化だ

リスクを下げる「生き方」

3年後はパリ・オリンピックだが、フランス出羽の守の代表的な2人、辻仁成ひろゆき。2人とも原稿料で稼いでいるので、パリオリンピック前後は、露出が激しくなると思われる。

パリやフランスに関心がある日本人が、こういう連中にだまされないために、語学検定がある。自分で語学スキルを高めて情報を取捨選択する生き方が最もリスクが低い生き方だ。

それにしても…

ひろゆきはともかく、在フランス18年でフランス語がほとんど理解できないらしい辻仁成は意味不明である。フランス語は難しいから…という声もあるが、イタリア語でも、1年間勉強したら文法は相当頭に入るんだから、よほど勉強していないのだろうなあと思う。恵まれた環境にあるのに、頑固にフランス語を勉強しない理由が理解できない。