反骨と異端

アウトローは文化だ

安田菜津紀 (@NatsukiYasuda)のツイート

 「だからこそ公人が、繰り返さないための意思を示し続けることが重要」←公人、都知事が選挙で選ばれたということは、法で定められた権限をある程度自由に使えるということと同義。その公人が追悼文を出さないと自分の意志で決めたのだから、異民族はその意思を尊重するべき。朝鮮半島ではどうなのか知らんが、追悼文は他者に強制して送付させる文書ではない。

韓国政府の公人は一度でもライダイハンの犠牲者に追悼文を送付したのか?どうして歴史修正するのか?

 

朝鮮半島ルーツの人間が語る「歴史」は「小説」だから、嘘と捏造にまみれている。朝鮮人は、嘘がバレて恥ずかしいという「恥」を日本人と共有していない。嘘がバレるとさらに3倍嘘をつく。そんなしょーもない追悼式典を都内で実施させていただいていることだけでも感謝すべきである。