反骨と異端

アウトローは文化だ

溝口敦の「斬り込み時評」

福岡県警は私憤を混同し、裁判所は超保守的で公平な検証能力がないと一刀両断する溝ちゃん。#工藤会ロス

そうしたことが積もり積もって8月24日の死刑判決につながった。福岡地裁の判決は、確たる証拠がなく、検事が状況から推認を重ねた論告を下敷きにして、裁判官がお墨付きを与えた文章である。裁かれる者が暴力団の首領だから物証なし、状況証拠だけの極刑判決が許されるのか。これが一般国民に及べば暗黒社会化は間違いないように思える。

www.nikkan-gendai.com