反骨と異端

アウトローは文化だ

人権侵害にマジョリティもマイノリティもなし

日本人弁護士が在日コリアンの名前を読み間違えるのは人権侵害に該当するけれども、東大阪の公立小の在日コリアンの教諭が、日本人児童の名前を勝手に朝鮮名で呼ぶのは人権侵害には該当しないというのはたんなるタブスタです。そして在日コリアンがそうしたダブスタ(=身内に激甘)を当然と考えているのは、日本人側から見ると、ヘイトクライムに相当するのです。