反骨と異端

アウトローは文化だ

難民支援という新しい反日活動

反日/反入管コリアンの安田菜津紀が今日も入管をdisっていますがこれはひどい。この人どうして入管側の言い分、入管施設で働いている人のインタビューはしないんだろうね?

安田菜津紀にかかると、不法滞在者(入管収容者)は「いいひと」ばかりで、入管職員常に暴力を振るわれ被害者になっている…のが気になります。

実際には前科がある者、薬物依存が強く疑われる者、日本政府の命令に一切従わない者、職員に暴行する者、さらに職員に向かって嘘・暴言を吐く者、さまざまだろうに、そういう不法外国人たちと日夜、対面している入管職員日本人の「人権」は安田菜津紀にとってどうでもいいことのようです。

不法滞在者と接する入管職員の安全、入管収容施設周辺で暮らす日本人の安全、入管収容者の生存費にかかる莫大なコスト…早く入管法を改正しなければ、まったく国益にならない無駄なコストだけが積みあがっていきます。

安田菜津紀さん、入管職員に暴力をふるった不法滞在者はゼロ人なのですか?

安田菜津紀は<日本人入管職員の暴行に晒されている外国人収容者>という固定した視点でしか文章を書かないが、入管職員の仕事って動物園の飼育員みたいな仕事じゃないの。

安田菜津紀は、バイデン政権がハイチからの難民を万単位でジェット機に詰めて強制送還していることは絶対に触れません(安田菜津紀はついこの前まで「難民条約ガー」と言っていたのに最近言わなくなった。米国も条約に加入しているけど何か?)

入管収容されるのは、帰国命令を出されても帰国を拒否する不法滞在者のみです。帰国命令を出された9割の外国人は、命令に従います。この事実だけを見ても、強制送還の一択しかないことがよくわかります。

「帰国したら殺される!」←殺された人が本当にいるのですか?

むしろ日本国内に居座ろうとして、難民支援団体のクソバイスに乗ってしまったウィシュマみたいな人が、反日コリアンたちによって殺されているのでは?

日本国内の入管収容者の世話をするのも血税です。刑務所並みに1人300万円程度かかっているのなら、これ以上収容者が増加するのはゆゆしき事態です。国内の不法滞在者のグループによる襲撃事件も相次いで報道されています。入管収容施設がパンクすれば、日本人が襲われる可能性が高くなります。

d4p.world