反骨と異端

アウトローは文化だ

「ヘイトスピーチ解消法」(差別禁止法)に反対します!

ヘイトスピーチ解消法」は平成28年6月3日に施行され、これでは不十分だというので刑事罰を盛り込んだ差別禁止法を制定しようという動きがありますが、表現の自由の規制に対するこうした法令制定に反対します。

日本や米国、欧州など自由民主主義陣営にとって「表現の自由」は、もしかしたら「私有財産制」よりも価値が高いのかもしれません。資本主義とは、本来は「私有財産制」を守る制度ですが、この頃は表現/言論の自由を担保するための制度に変化しつつあるようです。「中国、民間企業の報道事業禁止案を公表」という報道を見ると、その思いを強くします。